ヘアカラーのダメージを回避するには

| トラックバック(0)
明るくイメージを変えてくれるヘアカラー。
ですが、ヘアカラーイコールダメージと言えるほど、髪がきしむ
髪がパサつくなどの髪のダメージに関する悩みを抱えてしまいます。
ヘアカラーはどうして髪にダメージを与えてしまうのでしょう?
ダメージの原因は、カラーリング剤に含まれるアルカリ剤と酸化剤に
よるものですが、ヘアカラー後の毛髪中にカラーリング剤からの
酸化物が残ってしまうからです。
このほかにもヘアカラーした直後よりも日数が経過した後にパサつきや
きしみをより実感することがありませんか?
これは紫外線やシャンプーやドライヤーなどの普段のヘアケアから
影響を受けてしまいます。
ヘアカラーをしていなければそれほど負担にならないはずなのに、
ヘアカラー後は一気に影響を与えてしまう。
それほど髪に負担をかけている証拠なのです。
髪への負担を考えると、できれば控えたいヘアカラー。
ですが髪のおしゃれは楽しみたい。
髪にダメージがかかることをきちんと理解して、月に1回程度の頻度で
2ヶ月ぐらいは間隔をおいてから行うのがおすすめです。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年3月20日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「部分染めにも最適な白髪染めヘアトリートメント」です。

次のブログ記事は「初心者さんのつけまつげ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31