事業協同組合の設立のプロジェクトリーダー

| トラックバック(0)
事業協同組合というものの設立は、生半可な経験ではできないものです。これは役所との折衝が含まれるからで、折衝の交渉の成り行きで次第で、柔軟に対応することが求められるからです。役所の言外に匂わせた事柄を理解できなければ、あえなく不許可となります。
事業協同組合設立は、手続き的にブラックボックスとなっていますので、大きなグランドデザインは、行政書士さんなどの専門家に描いてもらうことが必要です。そのための費用は、惜しむべきではないでしょう。本当に設立したいのであれば。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、tsalが2014年3月 2日 23:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NPO法人設立は、費用面でどうなの?」です。

次のブログ記事は「日本に来るために必要な在留資格認定証明書」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31