2016年2月アーカイブ

一年の中でやはり冬がもっともやる気のない季節である。遊べばスキーやスノーボード、食べては海鮮ととてもいい季節なのだが、やはり仕事となると寒いという一点のみにおいて足取りは重くなる。 

先日こんなことがあった。

仕事で扱っているウォーターディスペンサーという商品があるのだが、(これはパックに入った水を交換して使うポットのようなもの)それに使う水が、倉庫のあまりの寒さで凍っていたのだ。

これを手で持って車に積もうとするも、それ自体冷たいし、硬いしで嫌になる。そして一度完全に凍ってしまうと全て水に戻るのに結構な時間がかかる。

そのまま持って行ってはクレームになりかねないので、念のため溶けたことを確認してから配達したのだが、たったこれだけの仕事に何時間要するのか・・・

もちろんその間に事務仕事などできることはやっておいたのだが。

とにかく驚いたのは、倉庫とはいえ室内なのに水を凍らせてしまう気温の低さである。そういえば妻はエンジェルアップを買ったのだろうか。

そんなこんなでただでさえやる気のない仕事に一層身が入らないのであるw

サーセンまじ最初に謝っときます(←もうこの時点でw)
今までの私の人生、ドコを切っても金太郎飴みたくシンドイ(;´Д`Aていう認識で生きて来ましたけど。
実は何気にリア充でしたwww
こんなん認めちゃうと、全人類から嫉妬されて攻撃されちゃう((((;゚Д゚)))))))
って本気で思って闘ってたんですね〜w
最近は特に、こういった思い込みに気付けるような情報が溢れてきたおかげもあり。
リアップも効かないって知ったし。
長らく抱き続けた「The 残念」自己イメージからの、めでたく我が身の無敵レベルなリア充っぷりを自覚するに至りました。
軽く人生振り返ってみても、
ここはブログでご確認くださいw
…もはや無機質に箇条書きして羅列しても漂う、最強リア充ステータスw
なのに、自分では常に不幸のズンドコにいると認識してたんですね、つい最近まで。

そりゃーもう、必死で這い上がろうとしてましたよ、ズンドコから。
なもんで、なんやかんやとスキルは上がりました。
特に、人の顔色窺うプロにはなりました(笑)
だから、自分に有利に運ぶように魅せる(あざとい笑)メイクが出来るようになったのかな。

被告がアサート破産法のセクション546(e)の問題の支払いはセーフハーバー法令によって覆われていたと主張、防御としてので被告、問題の支払いを受けていることが表されたKeyBank協会、マスター・サービサーとしてとした、REMICの信頼にそれらを転送する前に、一定期間のためにそれらを開催」、金融機関」と信頼への支払いは、有価証券の契約に関連して行われました。最初の要件-転送はにより金融機関に対して行われたことは- KeyBankが商業銀行であることを考えると、裁判所の決定の時点で争われました。

 

それは、マスターサービサーが金融機関であったことを認めたとしても、受託者は、銀行が単なる導管として作用していたとセーフハーバーの保護のための要件を満たしていないと主張しました。この点について、裁判所は、セーフハーバー保護を受ける資格、セクション546(e)の下で、支払いが導管又は仲介者としてのみ機能しているものを含め、によって、または金融機関のいずれかに作られた、と判断しました。裁判所はまた、REMICの信頼を支配プールと保守契約が破産法のセクション741(7)(A)の意味の範囲内の証券の契約であることがわかったとその関連会社の証券化ローンのMCKの支払いは、PSAに関連して行われたことをしたがって、セクション546(e)のセーフハーバー内でした。

 

破産裁判所は、その覚書の決定と提案事実認定と法律の結論を出した後、下層の対審手続の被告は、裁判所が依拠している時に、特定の事実が正確でなかったことを開示する声明を提出しました。被告の声明は、関連期間中に信託が保有するローンのマスター・サービサーがKeyBankないことを明らかにしたが、被告が認めた、アフィリエイト、キーコープ不動産キャピタル・マーケッツ株式会社(「KRECM」)は、金融機関ではなかった、など破産法で定義されています。

 

これらの新たな事実に照らして、受託者は、その魅力の滞在を求め、裁判所の判決の見直しのために移動。それにもかかわらず、再考する動きに反対の被告は、問題になって転送がまだに行われた、または金融機関の利益のためにそれらが行われたため、またはの利益のために、信託の受託者されたと主張しようとしましたプールとサービシング契約に基づく信託の資産に法律上のタイトルを開催しました(キーバンク)。

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31